文学をやりたいよって話

私フリーの作曲家になる前は音楽以外にもさまざまに「創作活動」というものをしていたわけなんですが、とりわけ「文学」というものは学生時代から好きでございまして。

今は音楽をガッツリやっていますが、大学生時代は日本文学科だったんですよ。

一時期は小説を書いたりもしていたのですが、こう、フリー作曲家になって色々と多忙になるにつれ、「文章を書く」「物語を書く」ということが二の次三の次となっていってしまったわけなんですよね。

ただ頭の片隅には「文学もやりたいな」っていうところは常にあって、どうにかこうにかできないものだろうかって考えるんですが、例えば小説などの物語を書くにしろ「設定」というものを考えないといけなくて、その設定を考えてる間に「あぁ、曲作らないとなぁ」なんていう感じになるものなので、全く進まないわけなんですよね。

「音楽は常にやりたい、でも文学も合間にやりたい」ってなると、これはもう「仕事辞めなきゃダメじゃね!?」っていう話になってきて、いやそれはアカンだろうという感じになるわけですけれども(笑)

で、結構前に「近々の目標として詩集を出したい」っていうのを挙げました。多分3~4年くらい前かな、と。

全く実現できてないどころか、進捗0%でございますよ。「それ進捗してんの?」って感じですけれども。

ただ時間ができないっていうのは事実なんです。本当に多忙でございます。ありがたい話ですけれどもね。

音楽は絶対に離れられないものなので、結果的に「文学」という分野が削られてしまっているのはまぁ仕方がないことなんですが。

例えば「小説を一本書き上げないと出られない部屋」とかあったら逆に喜んで入るかもしれない。そんな感じ(笑)

とはいえ、「詩集」に関しては、活動のどこかで絶対に出したいと思っています。もちろん自費出版になるでしょうし、さらに言えば全く売れないとは思うんですが(笑)

ただ自分の活動の一部に絶対に「文学は外せない」というところはこれからも持ち続けていきたいなと思うわけですね。

今日はそんな、「これぞ雑記」といった感じのものを書かせていただきました。

またです。

楽曲のテーマ

どうも、フリー作曲家のshimtoneです。

なんだかんだで気温も落ち着き、秋めいてまいりましたこの頃ですね。

さて、今日は簡単に雑記というか、自分の「作曲のテーマ」なんていうことを書かせていただこうかななんて思っております。

作曲するうえで一番気にするのはやはり季節というか時期というか、そういった「一番肌で感じる部分」というところをテーマにする場合が多いです。

最近は涼しくなってきましたし、ちょっと落ち着いたトーンの曲というのが多かったりしますね。

またイベント事っていうのも大きなテーマだったりします。

例えば10月末にはハロウィンというものがあったりして、そういった空気感の楽曲なんていうのも作ってみたりしますね。

楽曲のテーマって個人的には凄く身近なところにあって、手が届きやすい部分にあるかなと思っています。

ほかにも風景だったり、写真や絵画、様々な芸術作品など題材にできるテーマってたくさんあったりしますね。

自分はなにかしら「楽曲にテーマがあるもの」というところに重きを置いているので、このテーマを置くっていうのはとても重要なことかなと思ったりします。

もちろん楽曲を聴いていただいている、使っていただいている方それぞれの解釈があって良いと思いますし、こちらも「そういう解釈ができるのか」と勉強になることもあります。

本当に楽曲制作をしていて面白いなと感じるところは様々です。

これからもそういった形で楽曲を作っていきたいなと思っております。

本日はそんな雑記でした。

フリー作曲家5年

どうも。shimtoneです。

本日2022年9月14日をもちまして、フリー作曲家になって丸5年となりました。

いやはや時が経つのは早いものですね。

ここ最近、というか数年前からはもう「1日1曲」という感じで制作しているので、当方の楽曲がアップされているDOVA-SYNDROMEのほうでは1300曲近くの楽曲数になっております。

改めまして、当方の楽曲を聴いていただいている皆様、ご利用いただいている皆様に感謝申し上げます。

これからも楽しく、前向きに、そして意欲的に活動して参る所存です。

何よりも、「使っていただける楽曲」をたくさん生み出せたらなと思っております。

これからも頑張りますので、何卒よろしくお願いいたします。

2022年2月度マンスリートップをいただきました

マンスリートップ

どうも。shimtoneです。

所属しているフリーBGMサイト「DOVA-SYNDROME」より、当方の楽曲「春の香り」が2022年2月度 YouTube動画利用数1位ということで、マンスリートップをいただきました!

このマンスリートップや、ジャンルごとの利用数ランキングなどが2020年4月からスタートいたしまして、実はマンスリートップだけずっと獲れなかったのですが(ほかのジャンルごとのトップなどは度々いただいておりました)、この度嬉しいことに受賞するに至りました。

マンスリートップを獲得した楽曲は上記のような「特別なサムネイル」がもらえます。じつはこれが欲しくて頑張ってました!

苦節1年10カ月、投稿に投稿を重ねてようやく獲れたので、本当に嬉しいです!

ただこれは私一人で成せないものです。たくさんの方にご利用いただけたということでこの賞をいただけましたので、普段より楽曲をご利用いただいている皆様に心より感謝申し上げたいです。

これからも使いやすい楽曲や場面に応じた楽曲を作って参る次第です。

今後ともよろしくお願いいたします。

ギターは好きだけどギタリストではない話

ちょっと今回は本当に「雑記」みたいな感じのものを書かせていただこうかと。

今回は「私はギターを弾いていますが、ギタリストではないよ」っていう話をさせていただこうかと思います。

私、DTMを始めてからギター(エレキギター)を練習しだして、楽曲に導入するようになった人間なわけなんですが、「さて、自分の使えるギターはどんなのだろう?」っていう初歩的なところから始まったので、実を言いますと未だにギターのことに関してわかってないことってたくさんあったりします。

私はバンドをずっとやってる人間なので練習スタジオにはよく行くんですが、大体が「ドラマーとして」バンドに入っているので、スタジオに置いてあるマーシャルのアンプとかどうやって使ったらいいかわかってないんですよねw というか試す機会もなかったりするので・・・。

私は自宅ではギターの音はアンプシミュレーター(POD HD)を使って鳴らしていますが、まぁシミュレーターなので、本物とは違いますね。

ここ数年、さまざまにギターは入手したり手放したりでとっかえひっかえ的な状況にはなっているんですが、やっと自分が「このギターがあれば一先ず大丈夫」っていうものに巡り合えたので、あとは状況に応じて使えるものを手にしていければなっていう感じです。

アンプも導入したいんですが、如何せん、マイキングとかそういう知識も必要になってきますし、何より音量的に「自宅で鳴らせるのか?」っていうところが一番のネックかなという感じで。

そういう感覚ですので、自分は「ギタリスト」ではなく、「作曲にギターも用いる人」という感じかなと思っています。

ただギターを弾いてる時は凄く楽しいので、そういう感覚はギタリストさんと共有できるかもしれません。まぁステージで弾いたことはないんですが・・・

今日はそういう雑記をお送りさせていただきました。読んでいただき感謝です。

2021年締め

2021年ももう僅か。今年も様々御座いました。

音楽制作的にはBGM・ジングル等314曲制作することができました。

昨年は324曲でしたので少し減りましたが、相変わらずというか、自分でも「恐ろしいペースで曲作っとるな」と感じます。

来年もこの勢いのまま… でも少し休みながらやっていきたいですね。

来年の目標

来年は楽曲制作的に2つ目標を定めようかと。

1つ目はBGMに限らず、「楽曲を年間200曲以上制作」。

今年はBGMが累計1,000曲を越え、来年は次のステップという感じになるかという感じです。

色々模索していきたい音楽などもあり、まだまだ勉強しないとね、といった感じです。

自分のレベルを少しでも上げつつ、楽曲制作できればといった形でやっていこうと思います。

2つ目は「歌曲を作る」。

「歌曲」ですが、提供するのではなく、「自分で作詞・作曲・編曲・歌・ミックス・マスタリングをする」という工程を全部やった曲をやりたいなと。

まぁ元々そういうこともやってたのですが、大体ボーカルはシャウトしてたりウィスパーとかだったりで、「歌」という感じではなかったかもしれません。

なので、しっかりと「メロディーを歌う」ということをやりたいなと。

これは単に「やってみたいからやる」という目標で、「この曲で売れたい」「人気を出したい」とかそういった恣意的なものは全くなかったりします。というかそういった曲は作れない気がする(泣)。

なので、本当に「趣味」という感じでやっていければいいなと思います。

実は今年の目標は…

今年は実は「静かな曲をたくさん作る」ということでBGM制作などをやっていたのですが、ものすごく難しかったです。

実際かなり難しく、ちゃんとテーマ通りにできた曲は決して多くはありませんでしたが…

ただ得られるものはすごく大きかったので、これからの武器の一つになればいいなと思っています。

2022年も

来年も様々精力的に動いていけたらいいなと思います。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

色々と

どうも、shimtoneです。

今年の10月よりここを根城にしようと思って動いているわけなのですが、いや、設定色々しなきゃならんですね。

ともかく最低限のコンテンツだけはちゃんとしておきたいなと… 思ってはいるんですが、なかなかに進める時間がなくて…

でも、少しずつ進めてまいろうと思う次第です。

BGM「都市伝説」について

おかげさまで10万再生、1万ダウンロードを達成いたしました。

これもすべて皆様のおかげです。本当にありがとうございます。とても嬉しいです。

以前もお話ししたかと思いますが、この楽曲は「狙ったものとは違ったけれど、これはこれでいい感じじゃないかな?」といった形で出来上がりました。

まさかここまでの楽曲になってくれるとは… といった感じでおります。

これからも楽曲制作を頑張って参りますので、何卒よろしくお願いいたします。

活動15周年

15ani.jpg
どうも、shimtoneです。
2019年10月を持ちまして、私のDTMer活動15周年を迎えました。
いや~、自分自身まさかこんなに続くとは思わなかったです。
活動前はただの1リスナーだった私がこうして活動できたのも様々な方の応援があったからかなと思います。
記念楽曲など全く用意してないんですが、今後とも何卒宜しくお願いいたします。

アレンジャー終わります

どうも、前回から長ーい時間が経過した当ブログでございます・・・。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
さて、フリーBGMを投稿し続け、最近になって段々と活動が軌道に乗ってきました。
最近は1日1曲ペースで作れているのでいい感じだと思っています。
さて、私は出自は同人音楽なわけなんですが、最近はオリジナルを作る活動が思いっきり増え、尚且アレンジしたい曲ももうやり尽くした感が芽生えておりました。
実は来月、活動15周年を迎えます。
ここを機に、アレンジャーとしての活動は終了したいと考えています。
別に同人音楽が嫌いになったとかではありません。聴くのは大好きです。
ただ、自分がまたアレンジをやれるかとなったときに、恐らくもう以前のようなアレンジはできないだろうと考えました。
今お付き合いのある方々は同人音楽のフィールドで頑張っている方が多数です。
今後私は皆さんの作品をいちリスナーとして楽しみたいと思っております。
と、湿っぽそうな話になりましたが、DTM・音楽活動は全くもってこのまま、というかパワーアップしていく予定です(あくまで予定)。
これからも応援よしなに。
ではでは。